いきなりナンですが、日本の夏って暑いですよね~。
暑すぎて溶けてしまいそうで、またあの時期を迎えるのかと思うと昼も眠れません。

日本って地球上では比較的北の方に位置してるイメージですが、
なんだか暑いイメージがあります。

まあ期間でいえば寒い時期の方が長い気もしますが
夏の暑さはかなりこたえます。

以前、南国に旅行に行った時も確かに暑かったですが、
日本の暑さとは種類が違う感じで、気持ちよい気がしたものです。

この日本独特の暑さ、きっと理由があるはず!

ということで、今回は日本の暑さの理由についてまとめてみます。

まあ、理由が分かったところで暑いものは暑いんでしょうが、
このまま暑さにやられるばかりでは悔しいので、
解明して一矢報いてやりましょう!

スポンサーリンク

昔より暑くなってる気がする

ここ数年、あちこちの地域で最高気温40℃超えが記録され、
歴代最高気温記録が更新されています。

参考までに歴代の暑さランキングを見てみると、こんな感じです。

順位都道府県地点観測値(℃) 
1高知県江川崎41.02013年8月12日
2埼玉県熊谷 40.92007年8月16日
岐阜県多治見40.92007年8月16日
4山形県山形40.81933年7月25日
5山梨県甲府40.72013年8月10日
6和歌山県かつらぎ40.61994年8月8日
静岡県天竜40.61994年8月4日
8山梨県勝沼40.52013年8月10日
9埼玉県越谷40.42007年8月16日
10群馬県館林40.32007年8月16日
群馬県上里見40.31998年7月4日
愛知県愛西40.31994年8月5日
13千葉県牛久40.22004年7月20日
静岡県佐久間40.22001年7月24日
愛媛県宇和島40.21927年7月22日
16山形県酒田40.11978年8月3日
17岐阜県美濃40.02007年8月16日
群馬県前橋40.02001年7月24日
19千葉県茂原39.92013年8月11日
埼玉県鳩山39.91997年7月5日
大阪府豊中39.91994年8月8日
山梨県大月39.91990年7月19日
山形県鶴岡39.91978年8月3日
愛知県名古屋39.91942年8月2日

1位の2013年高知県の41℃をはじめ、
なんとなく1990年代以降が多く見えますね。

って40℃とか!
ゾッとしますが、ちょっと体験してみたい気もします。

確かに昔はそこまで暑かったことはなかった気もするし、
クーラーをつけずに扇風機で乗り越えることもできていた気が・・。
今はクーラーがないとキツイなあ。

と、これは気のせいなのか、それとも何か理由があるのか知りたいところ。

8月の平均気温の上昇

気象庁の発表によると、この100年で全国の8月の最高気温の平均は0.9℃上昇しているそうです。

で、東京だと1.7℃の上昇。

むむー、都市の方が暑いんですね。
こうやってデータで見ても昔よりも暑くなっているのは確かなようですね。

ちなみに私は大阪です。あちぃ。

でも、0.9℃ってそこまで体感するほど暑いんでしょうか?
しかも100年前と比べてるし。

1℃上がるだけでも猛暑日はかなり増えるといいますが、
平均的に全体的に1℃上がればそりゃあ猛暑日である
35℃に到達する日も増えるのが道理です。

きっと、全国平均の0.7℃上昇よりも
東京の1.7℃上昇の方が鍵を握っていそうです

141448

都会化が暑さを引き起こす

では、何故平均気温が上がり、
猛暑日が多くなったのかに迫ってみましょう。

大きな理由はやはり「都会化」です。

アスファルト

都会といえばアスファルト

地面が土だったら、空気中の水蒸気がある程度気温を低く抑えてくれるのですが、
地面がアスファルトだと、水蒸気がすぐに乾いて無くなってしまいます

そして、坂道とかでアスファルトの起伏が多くあります。
それらがお互いに光や熱を反射しあって熱が渦巻いているわけで、
熱の逃げ場が無い状態になってしまうんですね。

上からは太陽で暑い、下からはアスファルトで暑いと
まさにサンドウィッチ状態ですね・・・。

スポンサーリンク

ビル

そして、都会といえばビルの多さ

昔は、内陸部でも海から風が吹いてきて
ある程度は空気を冷やしてくれたのですが、

都会化が進んでからはビル群が海から吹いてくる風を遮ってしまい
空気が冷えない原因になっています。

実際、東京で観測される風速は1990年代以降、
減少してしまっているとのことです。

しかもビルの各部屋からエアコンの室外機の熱風
吹き出しているのもこれまた暑さの要因のひとつです。

080587

結論

以上のように、日本の暑さの理由はアスファルトとビルの増加が大きいです。

ある意味予想通りではありますが・・・。

地球温暖化がどうのというよりも、
本来なら水蒸気や風が空気を冷やしてくれるはずなのですが、それが妨害されてる状態。

全国平均で0.9℃上昇、東京で1.7℃上昇というデータは
そのまま都会化と直結してると言えてしまいそうです。

それなら昔よりも猛暑日が増えるのも分かるし、
地方より都会の方が暑く感じるのもわかります。

地方ではそれほどではなくても、
都会の人がこぞって「暑い暑い」と騒いでいて、
その結果日本が暑いという印象になってるんですね~。

私もその1人ですが・・・。

もっと気温が高い南国の方が日本よりも過ごしやすいのも、
南国は土や風に恵まれてて熱気が流れやすいからなんですね。

とはいえ先ほどの歴代暑さランキングを見てみると、
東京は顔を出しておらず、どちらかというと地方の方が多いですね。

きっと都会の方が安定して一定以上暑いんでしょうが、
爆発力は地方の方がある感じでしょうか。

なかなか複雑ですね。


都会化で気温が上昇すること、

これをヒートアイランド現象というのですが、
我々庶民にはどうすることもできない次元の話かもしれません。

ということで、私はクーラーをかけてグータラすることにします~。

スポンサーリンク