これを書いてる時はかなり大きめの台風が迫ってるという状態で、なかなか緊張感があふれております。超大型の強い台風が日本に向かって・・・とか、いつも言ってる気がするゾ(*。◇。)

タライとか飛んできたら怖いから毛布にくるまって震えようか・・・とか考えたいところだけど、もっとイカス方法があるはず!と、いうことで今日は台風対策について突き詰めて考えてみよう。

備えあれば憂いなし、正しく準備しておけば平和な日々を取り戻せるはず!(?)

スポンサーリンク

台風対策チェックリストで最善の準備をば

やっぱり、普段からポイントを押さえて対策を考えておけば、イザという時にドッシリとヤツを迎え撃つ事ができるはず。
というわけで、いくつか知っておけば有効な点を。

まず台風が来ていなくても、住んでいる場所の地形は把握しておきましょう。
いざというときに、慌てて水がたまりやすい場所に逃げてしまったりすることのないように、
家に入れない場合はどちらの方に移動すれば良いか、知っておくだけで本番での対応に違いが出てきます。

自治体が【ハザードマップ】なるものを作っていることもあるので、参考にして安全な避難場所は知っておきましょう。

そしてやっぱり、自宅で台風をやりすごすケースが多いはずなので家の状態もチェックです。
窓や壁、屋根などの傷んでる部分から崩壊したりしないように、もし痛みがあれば修繕しましょう。

台風が近づいてきたら、ラジオ・テレビ・ネットで台風の動向をチェックするのが大切。
必要以上にパニックにならないように、情報は大切ですね。

停電になることもあるので発電対策も考えたいですね。
発電機もあると助かりますし、とりあえず懐中電灯はぜひとも手元に置きたいです。
電池式のラジオも停電時には心強い味方です。

同じような理由でカセットコンロなども。

そして何気に重宝するのが【スリッパ】です。
窓ガラスが割れたりした日にゃ、破片を踏んで痛いし、移動もままならなくて困るケースがあるんですよ。。
結構盲点なんですが、これはおすすめしたいです。地震とかでも同じです。

あとは電気製品とかは浸水すると非常にマズいことになるので、高い位置に移動させたいですね。

ベランダがあるのなら、飛ばされたり倒れたりしないように物干し竿やら植物やらは家の中に取り込んでおきたいです。
人に当たったりしたら大変ですし。

スポンサーリンク

そして家族との連絡手段の確保。
緊急時には携帯がつながりにくくなったりしないとも限らないので、普段からもし帰れなくなった場合の集合場所を決めておくとよろしいかと。

強風が吹きはじめたら、外には出ないようにしたいですね。
川に近づいたりするのは当然危険すぎるので避けましょう。旅行もできれば控えたいところです。

このあたりに気をつけて、準備しておきたいですね。

台風

台風対策用品、あるとないでは大違い

やっぱり防災グッズの準備はハズせません。どういうのがあるかというと・・・。

まずはヘルメットですね~。
どこから何が飛んでくるやら、想像もつかないですからね。
洗濯機が転がってきたりする話もありますし、頭は守りたいですね。

で、リュックサック。
色々入れるのはもちろんのこと、水に浮くタイプのものもあるので、いざ水害になった時に役立ちそうですね。

リュックといえば非常に便利なのが、すでに災害対策用品がいくつも入ってる避難用のリュックセットなるもの。
ライトや寝袋、ウォーターバッグ、保存食まで!簡易トイレに雨対策のポンチョなどなど、いたれりつくせりな内容。
とりあえずこれだけあれば、非常時用の最低限の安心は確保できるかなあ。

こういうヤツですね。

このあたりはお守り代わりに普段から家に置いておけばいざという時、かなり助かりますね。
買って置いておくだけなのでお手軽ですしね。

そして【防風ネット】の有効性

台風で何が怖いって、窓ガラスが割れること。
準備の段階で窓にガムテープやダンボールもいいのですが、台風の規模によっては心もとない気も。

台風対策の最初の重要事項は窓を守ることと言ってもいいんじゃないかと思ってます。

防風ネットは風に窓を割られるのも防いでくれるし、飛んできたものもある程度ガードしてくれます。

ホームセンターとかで簡単に買えるけど、設置はしっかりと頑強に。外れたら元も子もないんですが、結構やってしまうんですよね。。
なので、気合を入れてバッチリ固定しましょう。


以上、気をつけようと思えばいくらでも対策は出てくるのですが、実際に被災した人の意見等を参考に、現実として優先度の高いものをピックアップしてみました。
それでも全部は厳しいかもだけど、一部でも準備しておくとイザという時に違ってくるに違いありません。

でも、なるべく台風さん来ないでくださいな><

スポンサーリンク