世の中には様々な子育ての方法みたいなものがありますが、
それらの中でもひときわ効果が大きいのが「読書」です。

読書をすることには、様々なメリットがあります。

子どもさんのこれから先の長い人生にとって非常に大きな意味を持つことなる読書、

ここでメリットを紹介していきますので、ぜひとも効果を知って読書の習慣をつけてもらってくださいね。
これを読めば子どものため、そしてモチロン大人も読書をせずにはいられなくなるでしょう(`・ω・´)

スポンサーリンク

学力に計り知れない差が出ます

読解力

文章を読むことによって「読解力」が身につくことになります。
この「読解力」は全ての勉強の基礎になります。

読解力が無いと、教科書等を読んでもイマイチ頭に入りません。
テストなどで問題を読む時でもストレス無く、問題自体の内容を自然に理解できるかどうかは、
答えを探す・考える・記憶する等以前の問題ですよね。

読書によって結果的に読解力が訓練されるおかげで、
計算問題でも記憶問題でも、まず最初に現れる「文章を読む」というハードルが下がります。

読解力がないと、どうしても国語以外の教科の足も引っ張ってしまいます

語彙力

当然、読書では沢山の「言葉」に触れることになります。
結果、多くの言葉を学び知ることになり、「語彙力」が上がります。

人間は物事を考える時、当然「言葉」を使って考えるわけで、
知らない言葉を用いて思考することはできないのです。

言ってしまえば人間にとって「語彙力」=「世界の広さ」であり、
自分の持っている「語彙(ボキャブラリー)」を超えて物事を考えることはできません。

なので語彙力が乏しいと、人生においての選択肢も狭くなってしまい、あらゆる可能性が閉じてしまいます。
とある研究結果で、犯罪者の語彙力を調べると、平均よりもかなり低いという結果だったとか。

こう考えると、成長過程の子どもさんにとって読書で語彙力を伸ばすことの重要性は計り知れませんね。
なんせ、世界そのものの広さに繋がるわけですから(`・ω・´)

思考力

これまで挙げた「読解力」と「語彙力」が磨かれた結果、身につくのが「思考力」です。

広い世界からあらゆる情報を得て、それらの情報を正確に読み取ることができ、
自分の頭で考えることができるようになります。

学校の勉強や成績は、これまで挙げたような読書で得られるチカラが備わっているかどうかによって、
スタート地点から大きな差があるということですね。

他にも読書によって集中力もつき、文章力発想力も磨かれるし、勉強への効果は計り知れませんね。

スポンサーリンク

人格形成に大きなメリット

表現力・コミュニケーション能力にメリット絶大

これまで書いた様な能力を読書で磨いていれば、自分の考えを適切に表現することもできます

自分の考えを表現できず、人にうまく伝えられないことは、本人のストレスにもなりますし、
人間関係の形成にとってもマイナスになりますね。

コミュニケーション能力は本人の素質や性格によるところも多いので、
「読書=コミュニケーションは大丈夫」ということにはなりませんが、
少なくともプラスに作用はします。

ストレス解消に効果絶大

先ほど、コミュニケーションにおけるストレスを感じなくて良いと書きましたが、
読書それ自体にストレス解消の効果があります。

たった6分間読書することで、3分の2以上ストレスが解消するという調査結果があります。
散歩や音楽鑑賞よりも効果は大きい様です。

ストレスは性格や人間形成において、かなり影響を及ぼすので読書でそれを大幅に防ぐことができれば、
育ちに良い影響がありますね。

感情が豊かで思いやりのある子になりやすい

読書では本の中の色々な登場人物の出来事や感情を疑似体験することができます。
日常生活ではなかなかそういう機会も多くはないですからね。

そうすることで感受性が豊かにもなり、人の気持ちを考えることのできる子に育ち、
正しい・正しくないという人の道みたいなものも学ぶことができます。
モチロン、読む本の内容はちゃんと選んであげないといけませんが・・・(;´∀`)

こういった人間形成の効果はむしろ学力よりも大きなメリットともいえますね。
080158

子供に読書を好きになってもらいましょう

他にも興味や好奇心の旺盛な子供に育ちやすいという効果もあり、
読書には子供の将来にとって計り知れない効果があるのですが、無理に読ませても効果は微妙です。

「本を読みなさい!」
読書を好きになってもらって、自発的に読むようになってもらうことが大切な親の役割だと思います。

親が読書をする習慣を身につけて読書する姿を子供に見せることで、
子供にも自然と読書の習慣が身につきやすいようです。

それと、小さい時から「読み聞かせ」をすることが将来の自発的な読書の習慣がつきやすいとのこと。
読み聞かせも読書と同じ効果が得られるので、小さい時から読み聞かせの日課を取り入れたいですね。


このように、読書には子供の将来にとって絶大な効果があります。
ですが、下手に無理強いして読書嫌いにさせてしまっては元も子もありません。
読書の効果を享受するためにも、読書好きの子にすることが大切です。

そのためには漫画でもなんでも、興味が持てる本に沢山触れさせてあげてくださいね。

スポンサーリンク